エイジングケアは体の外と中の両方で考える

エイジングケアは体の外と中の両方で考える

エイジングケアを考えているけれど、どんなことをしたら良いのかよく分からないという人もいるでしょう。

綺麗な肌を保つためにはスキンケアはもちろん、生活習慣を見直すことも大切と言われています。

エイジングケアの基本は紫外線対策から

現在では肌の老化に最も大きな影響を与えるのは紫外線であると言われており、若々しい肌を保つためには紫外線対策をしっかり行いましょう。

紫外線対策として日焼け止めを使うという方法もありますが、紫外線のダメージを軽減する栄養素を摂取することも大切です。ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどを含んだ食べ物を積極的に摂取しましょう。

肌の角質層には20%~30%程度の水分が含まれているのですが、老化や紫外線、間違ったスキンケアによって肌は乾燥してしまいます。

お肌の乾燥が続けばバリア機能が損なわれてしまいますし、肌のハリやツヤが失われてしまうでしょう。そのためきちんと保湿ケアを行うことも重要です。

年齢にあった保湿ケアをしましょう

クレンジングや洗顔は汚れを落とすために行うことなのですが、間違ったスキンケアで肌に負担をかけることにより、肌トラブルの原因となってしまうこともあります。

肌は加齢とともに刺激に弱くなってしまうため、できるだけ刺激の少ないスキンケアを行うようにしましょう。洗いすぎると肌に必要な皮脂まで流してしまいますし、乾燥肌の原因となってしまうこともあります。

エイジングケアは体の外だけでなく中からも働きかけることが大切です。それによって高い効果を発揮してくれるでしょう。

体の中からのケアとしては、注射や点滴を打つなどといった方法があります。

高濃度ビタミンCを点滴するという方法はよく知られているのですが、ビタミンCは抗酸化作用が強いため、美肌や美白作用などを期待できるでしょう。

また、にんにく注射というものもあるため、疲労回復やスタミナが欲しい人は受けてみると良いかもしれません。

血液クレンジングは採血を行い、医療用オゾンを注入してからその血液を点滴で戻すという方法です。オゾンを加えることで肩凝りの改善や疲労回復、血液を綺麗にするなどの効果が期待できます。

プラセンタを摂取するのもエイジングケアの基本の一つ

プラセンタ注射という方法も人気となっていますが、プラセンタというのは胎盤由来の成分です。

ビタミンCやビタミンE、ミネラルなどが含まれているのですが、これらの栄養素には抗酸化作用があるため、体のサビの原因となる活性酸素を除去してくれるでしょう。

また、プラセンタは化粧品やサプリメントなどにも多く配合されており、病院で注射を受けるのは嫌だという人でもそのような方法でプラセンタを摂取することができます。