しみやくすみの対策におすすめのケア

しみやくすみの対策におすすめのケア

しみやくすみが増えてくると、少し老けたような印象を与えます。

いつまでも若々しい肌を維持するためには、これ以上しみを増やさないことが重要であり、くすみにもきちんと対処していかなければなりません。

シミができてしまう原因ってなに?

しみができてしまう最も大きな要因は、紫外線です。紫外線を浴びると皮膚を守ろうとする働きによってメラニンの生成が促進されて現れます。

紫外線対策をしっかりとしているつもりでも、規定の時間をオーバーしているのに日焼け止めクリームを塗り直していなかったり、状況に合った日焼け止めクリームを選ぶことができていない場合にもできやすくなります。

最近の日差しはとても強いので、日焼け止めクリームだけでは対応しきれないこともあります。できれば帽子や日傘などの物理的にカットできるものも同時に取りれる必要があります。

他にもニキビなどの炎症が起こっている部分にできてしまうことがあり、炎症が長く続けば続くほどリスクは高くなります。不規則な生活や乱れた食生活によって肌中の活性酸素が増えることも原因の一つとされています。

シミができてしまった際の対処法

しみができてしまったら、まずは肌中で生成されたメラニン色素を排出させるためのケアを行わなければなりません。利用したいのはビタミンC誘導体であり、色素が沈着してしまった部分に効果的なアプローチをしてくれる成分です。

この成分の優れている点は、予防も同時に行えるところです。肌中で新たなメラニンが生成されないようにすることができます。

炎症が治まっていない時には抗炎症作用を持つ成分を取り入れることも重要であり、活性酸素に対抗するためには抗酸化作用に優れたビタミンCやビタミンEを取り入れます。

くすみ対策も紫外線ケアは必須

くすみ対策でも、紫外線に対するケアは重要になります。肌の色が濃く見えるのはメラニン色素の生成量が増えているためであり、紫外線による影響が大きいと考えられます。

ですから、ビタミンC誘導体を使ったケアはとても有効であり、スムーズにメラニンを排出させることができます。

また、肌のターンオーバーが乱れることも要因の一つになっていますので、肌代謝を高めるようなケアも必要です。

オススメはレチノールという成分であり、衰えた肌細胞の働きを再び活性化することができます。レチノール以外ではAHAやBHAなどの角質の接着を緩めてターンオーバーを促進させるピーリングも効果的です。

肌が乾燥すると細胞の働きが悪くなりますので、保湿を行うことも重要です。