エイジングケアに必須のプラセンタにはこんな働きが期待できる

エイジングケアに必須のプラセンタにはこんな働きが期待できる

加齢によって女性の肌は徐々に衰えていきます。そのため、様々なメーカーがエイジングケア化粧品を販売しています。

多くのエイジングケア化粧品には、保湿効果が高い美容成分が配合されています。数ある美容成分の中でも、人気が高い成分がプラセンタです。

プラセンタは、胎盤から抽出したエキスのことで、アミノ酸やタンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素など、人間の成長に必要な多くの成分が含まれています。

アミノ酸は、体を作る重要な原料であり、ビタミンやミネラルは体の機能を正常に維持します。また、核酸は新陳代謝を調整し、遺伝子の修復を行います。

プラセンタには、他にも健康な肌を作るヒアルロン酸や抗酸化力を上げる活性ペプチド、細胞の新陳代謝を促進させる成長因子などが豊富に含まれています。

プラセンタが高級化粧品に配合されている理由

栄養の宝庫と呼ばれている胎盤から抽出されたエキスは、高級化粧品に配合されることも多く、女性に大人気です。

プラセンタエキスは、様々な美容効果が期待できます。そのひとつが、美白効果です。

人間の肌の白さは、皮膚の中のメラニン色素の量で決まります。メラニン色素が多いと、皮膚は黒ずんで見え、年齢よりも老けて見られることも少なくありません。

ですから、白い肌を維持するためには、メラニン色素を増やさないように気を付ける必要があるのです。胎盤エキスは、メラニン色素にアプローチして、美白効果をもたらすのです。

表皮の基底層には、メラノサイトがあり、紫外線などの刺激を受けると、メラニン色素を作ります。

通常であれば肌のターンオーバーによってメラニン色素は排出されていきますが、何らかの原因で肌のターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素がスムーズに排出されずに肌に残ってしまい、シミの原因になります。

活性酸素を除去し、新陳代謝を高める

胎盤エキスは、メラニン色素の生成に深く関わっている酵素の働きを抑えます。抗炎症作用や活性酸素を除去する作用もあるので、様々な美容効果が期待できるのです。

抗炎症作用に加えて新陳代謝を高める作用があるため、炎症を起こした赤いニキビやニキビ跡の改善にも役立ちます。

加齢により、女性の肌は弾力がなくなってきます。プラセンタエキスには、肌の弾力を維持するコラーゲンの生成を活性化させる作用があり、シワを目立たなくすることが可能です。

そのため、肌のハリを向上させることができるのです。

また、女性の肌の悩みのひとつに毛穴の開きがあります。胎盤エキスには、肌を引き締める作用もあるので、毎日使用していると、毛穴が自然と縮小してキメが整ってきます。

エイジングケアの基本は内臓を元気にすること

エイジングケアの基本は内臓を元気にすることって本当?

漢方では、内臓の健康と美肌には深いつながりがあると考えています。

エイジングケアでは高い化粧品で肌に潤いを与えることが中心になりがちですが、内臓の若返りにも注目すれば肌の調子がグッと良くなります。例えば、肝臓は不要な物質を排出する働きがあります。

内臓の働きとエイジングケアの関係について

食事を通して添加物や有害物質を摂取すると、肝臓は分解し無毒化することで体に悪影響が出ないようにしています。

有害物質が無毒化されないで体内を巡れば、汚れた血液が肌細胞に供給されて肌荒れを引き起こしやすくなります。

肝臓に加えて腸の働きも若さを保つポイント

また、腸は栄養を吸収する場所です。エイジングケアのためにビタミンやミネラルをたくさん摂取しても、腸の機能が低下していれば効果を発揮することができません。

便秘になれば本来排泄されるはずの老廃物がいつまでも腸内に残り続けるので、体に毒素が溜まってニキビが増えます。内臓を若返らせるためには、まず腸を労わることが大切です。

腸の健康は免疫機能のアップにもつながり、アレルギー体質も改善します。腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しますが、悪玉菌が増えすぎると便秘を引き起こします。

善玉菌の働きで悪玉菌を抑制できるように、ヨーグルトや野菜、海藻を積極的に食べましょう。食事は基本的に、食べ過ぎないように注意します。

糖質が小腸で吸収されると、血糖値が上がってすい臓からインスリンが分泌されます。

血糖値が急激に上昇すればすい臓の負担になるので、炭水化物の過剰摂取を避けよく噛んで食べましょう。

腹八分目に抑えた食事を続けることは、無駄な脂肪を肝臓に蓄積させることも防げます。

むくみが気になる人は腎臓が疲れている?

顔や脚のむくみが気になっている人は、腎臓が疲れている可能性があります。塩分を過剰摂取すると腎臓に負担がかかって水分を代謝する機能が低下します。

肝臓で処理しきれなかった有害物質を処理するのも腎臓なので、腎臓の機能は維持しなければなりません。

日本人がよく使う醤油はたくさんの塩分を含むため、醤油のかけ過ぎに気をつけましょう。

カリウムは余分なナトリウムの排出を促進するので、腎臓の働きをサポートしますから、野菜や果物を食べるようにしてください。

さらに、内臓は冷えると老化を促進してしまいます。体を冷やす食べ物や飲み物よりも、生姜やほうじ茶など体を温める物を口にしましょう。

特に女性は体を冷やすと子宮を衰えさせるので、筋肉を増やして冷えにくい体を作ることが大切です。

冷えがひどい人はスムージーやコールドプレスジュースは適さないので、野菜は加熱して食べるようにしましょう。

お肌のハリを取り戻すのにおすすめのスキンケアと美容成分

お肌のハリを取り戻すのにおすすめのスキンケアと美容成分

肌のハリを取り戻すのに最も適していることとしては、いかに保湿することができるかという点が挙げられます。保湿をしっかりと行うにあたっては、スキンケアに気を配る必要があるといえるでしょう。

スキンケアを行うことができる商品については、多くのメーカーから色々な種類のものが販売されています。

ファンデーション・ローション・美容液・化粧下地・乳液などがありそれぞれ役割が違ってくる面もあるためしっかりと覚えておくようにしましょう。

それから、忙しい現代人に合わせたオールインワンタイプのスキンケアアイテムもあります。

美容成分についても色々な成分が効果があるとされていますがどの成分が良いのかについては一概にいえない部分もあります。ただ、共通して効果があるとされている美容成分の種類はコラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸・ビタミンC誘導体などの成分です。

コラーゲンの特徴と肌を保護する働き

コラーゲンは、人間の体を構成する組織である真皮・靱帯・腱・ 骨などに含まれるタンパク質の仲間です。補給することによって、肌の表面を防護してくれる働きがあるため多くの化粧品に配合されています。

セラミドにはいくつかの種類がある

セラミドは、肌を構成する物質の一つである角質層において、細胞と細胞の中でスポンジのような形で存在しており水分や油分を抱えこんでいます。肌の保湿に欠かすことができない成分のひとつであり、こちらも多くの化粧品に配合されています。

ただ注意点としては、セラミドにはいくつか種類があって効果についても違う場合があるため自分に合った種類のセラミドを配合する化粧品を購入する必要があるといえるでしょう。

ヒアルロン酸は肌の保湿に必須の成分

ヒアルロン酸には、細胞同士を結合させることによって勝手に細胞が移動してしまわないようにする働きがあります。非常に高い保湿性のほか水分保持力を持っているため、美容に欠かせません。

ビタミンC誘導体は美白のための成分

ビタミンC誘導体については、ビタミンCには抗酸化作用が認められており美白化粧品の成分にも使用されていますがビタミンCには壊れやすいという欠点がありました。これを人工的に改良して安定させて効果を引き出せるようにしたのがビタミンC誘導体です。

皮膚内に成分を浸透してからビタミンCに変化するという性質を持つため、効果を実感しやすいです。

ただ、これらの成分は高分子である場合には肌の表面の保湿や防護にとどまります。皮膚の奥深くまで浸透させるのであれば、低分子化されたコラーゲンやヒアルロン酸などといった美容成分を配合する商品を使用する必要があるといえるでしょう。

目の小じわを目立たなくさせるのにおすすめのケア

目の小じわを目立たなくさせるのにおすすめのケア

目じりに小じわがあると、どうしても実年齢よりも老けて見られることがあるため、上手に対策をしておきましょう。

小じわケアの基本は化粧水から

まず使うと良いのが化粧水で、これは水分を補給できるので肌が乾燥していくのを防いでくれます。さらにコットンに化粧水を染み込ませ、それを気になる部分に貼り付けておくと、長く水分を与えられます。

決して高価なものを買う必要はありません。なぜなら目的はあくまでも保湿をすることだからです。

ただし、化粧水を購入する際に注意したいのは、コラーゲン等の美容成分が低分子化されているものを選ぶということです。低分子化されていないものだと、美容成分が皮膚の奥に浸透しないので、効果を得られないです。

クリームや乳液も小じわ対策としてのお手入れには必須

化粧水で保湿ができたからといって、すぐに小じわが消えるケースは稀です。きちんと栄養を与えてやらねばならず、それはクリームでやりましょう。

美容に必要な成分が行き届くことで、肌のターンオーバーがスムーズに行われます。つまり肌の細胞が新しく生まれてから、古い角質がアカになってはがれ落ちるまでのサイクルのことです。

夜にやるお手入れに関しては、化粧水と乳液だけという方も多いです。しかし面倒でもクリームでしっかりと栄養を与えてやるのが、早く肌を美しくするコツです。

次に使うのは乳液ですが、この役割は表皮全体に水分や油分、さらに栄養の補給です。主な構成要素は水分と油と美容成分になるのですが、クリームに比べてやや水分が多いのが特徴です。

皮膚の全体に水分と油分をバランス良く補うことが可能なので、きめ細やかな肌を作るのに役立ちます。

効果的なのは、朝は化粧水と乳液を使用して、夜は化粧水と乳液とクリームを重ねて塗っていきます。そうすることによって肌に栄養と水分が行き渡らせることができて、皮膚全体の透明感が増していくことが期待できます。

しわ用の美容液も効果的

しわ用の美容液を使うのであれば、しわの根本的な改善をするための成分である、コラーゲンやエラスチンが配合されたものにすると良いでしょう。

水分の中には美容に良いとされる成分が凝縮されているおかげで、皮膚の表面だけでなく、細胞レベルで小じわが改善されます。

それ以外にも乾燥から肌を守れますし、何よりも即効性があります。そのため短期間で効果を実感したい、あるいはあまり手間をかけたくないという人にはしわ用美容液は適したアイテムです。

使い方は、化粧水で全体に潤いを与えた後に、乳液の前に目の周りに優しくのせるようにしておくと、栄養成分を浸透させられます。

しみやくすみの対策におすすめのケア

しみやくすみの対策におすすめのケア

しみやくすみが増えてくると、少し老けたような印象を与えます。

いつまでも若々しい肌を維持するためには、これ以上しみを増やさないことが重要であり、くすみにもきちんと対処していかなければなりません。

シミができてしまう原因ってなに?

しみができてしまう最も大きな要因は、紫外線です。紫外線を浴びると皮膚を守ろうとする働きによってメラニンの生成が促進されて現れます。

紫外線対策をしっかりとしているつもりでも、規定の時間をオーバーしているのに日焼け止めクリームを塗り直していなかったり、状況に合った日焼け止めクリームを選ぶことができていない場合にもできやすくなります。

最近の日差しはとても強いので、日焼け止めクリームだけでは対応しきれないこともあります。できれば帽子や日傘などの物理的にカットできるものも同時に取りれる必要があります。

他にもニキビなどの炎症が起こっている部分にできてしまうことがあり、炎症が長く続けば続くほどリスクは高くなります。不規則な生活や乱れた食生活によって肌中の活性酸素が増えることも原因の一つとされています。

シミができてしまった際の対処法

しみができてしまったら、まずは肌中で生成されたメラニン色素を排出させるためのケアを行わなければなりません。利用したいのはビタミンC誘導体であり、色素が沈着してしまった部分に効果的なアプローチをしてくれる成分です。

この成分の優れている点は、予防も同時に行えるところです。肌中で新たなメラニンが生成されないようにすることができます。

炎症が治まっていない時には抗炎症作用を持つ成分を取り入れることも重要であり、活性酸素に対抗するためには抗酸化作用に優れたビタミンCやビタミンEを取り入れます。

くすみ対策も紫外線ケアは必須

くすみ対策でも、紫外線に対するケアは重要になります。肌の色が濃く見えるのはメラニン色素の生成量が増えているためであり、紫外線による影響が大きいと考えられます。

ですから、ビタミンC誘導体を使ったケアはとても有効であり、スムーズにメラニンを排出させることができます。

また、肌のターンオーバーが乱れることも要因の一つになっていますので、肌代謝を高めるようなケアも必要です。

オススメはレチノールという成分であり、衰えた肌細胞の働きを再び活性化することができます。レチノール以外ではAHAやBHAなどの角質の接着を緩めてターンオーバーを促進させるピーリングも効果的です。

肌が乾燥すると細胞の働きが悪くなりますので、保湿を行うことも重要です。